美しい肌は皆を魅了する

【肌トラブルを改善】気になるシミはレーザー治療でなくそう

肌のトラブル解消法

ナース

代表的な施術は2種類

シミとは「メラニン」という色素の一つが皮膚の中に溜まり、その部分が黒っぽく見えてしまう現象です。表皮の奥にはメラニンを作る働きをする器官があり、紫外線の刺激を受け取ると活性化してメラニンを放出します。この働きによって皮膚を紫外線から守っているため、本来ならメラニンは皮膚にとって欠かせない物質です。不要になった分は皮膚が生まれ変わる(ターンオーバー)機能によって排出されますが、それが何らかの原因で上手くいかなくなった結果がシミと呼ばれます。よって、シミ治療では主に、このメラニンを取り除く施術が行われます。まず、一般的に多くのクリニックで行われているのがレーザー治療です。これはレーザーの光を当ててメラニンを破壊する方法で、皮膚の奥まで届くため根本からシミを改善できます。代表的なのは「Qスイッチレーザー」で、ナノ秒単位というごく短時間で施術が終了すること、また周りの皮膚へのダメージがほとんどないのが特徴です。しかしレーザーを当てた部分はやけどのような状態になり、やがてかさぶたができます。特に顔に出来たシミについては、目立つ部分に施術の跡が残ることは覚悟しておいた方が良いでしょう。ただし、かさぶたが剥がれれば皮膚が再生して目立たなくなるため、特に心配する必要はありません。シミには紫外線の他にホルモンが原因として関わっていると言われる「肝斑」という種類もありますが、これにレーザーは不向きだと言われています。なぜなら、レーザーの刺激が強すぎて逆に悪化させる恐れがあるためです。しかし、最近では低出力でも効果を発揮する機器が開発されたため、肝斑に対してもレーザーがよく使われるようになってきています。皮膚のターンオーバー機能自体を高めて、自然にメラニンを排出させる「光治療」も人気の高い方法です。特殊な波長の光を顔全体に当て、コラーゲンなど健康な肌を作るために必要な物質の生成を促すとともに、シミを浮かび上がらせるようにして取り除きます。有名な治療機器は「フォトRF」や「ライムライト」などです。レーザーよりも肌への刺激が少ないのが特徴で、施術後に治療痕をケアする必要も特にありません。光治療は例えば、広範囲に広がった細かなシミを治療したい人や、くすみなど他のトラブルも一緒に解決したい人に向いている方法です。ただし、色の薄いシミには光が反応しないこともあるため、場合によってはレーザー治療が向いていることもあります。また、何回か通院して施術を行う必要もあり、完了までにはやや時間が必要です。費用の面で2つの方法を比較すると、レーザーの方がかなりリーズナブルです。その理由は施術がほとんど一回で終了することに加えて、一回当たりの費用も比較的安価なことにあります。例えば、あるクリニックでのQスイッチレーザーの施術が一回5千円なのに対してフォトRFは一回4万円、総費用では20万円以上になることもあります。また、シミの種類によってはレーザーの使用に保険が適応される場合があるため、費用を抑えたいならまずはレーザー治療を検討すると良いかもしれません。一度、医師に相談してみるのも良いでしょう。

老け顔を改善する為に

カウンセリング シミがあると老けた印象を与えてしまう為、出来るだけ改善したいと言う人が多くいます。そこでおすすめするのが美容整形外科での治療です。専門的な知識を用いて気になるシミをきちんと取り除いてくれるので、是非便利に利用して若返り効果を計りましょう。

上手に選ぼうクリニック

鏡を見る人

美容外科でシミの治療を受ける場合は、ホームページで実績や症例数をチェックして、無料カウンセリングに行ってみましょう。わかりやすくリスクまで説明をしてくれて、信頼出来ると感じられる相性の良い医師を探すのが一番です。

老人性色素斑を消したい

看護師

美容外科での一般的なシミ治療は、レーザー照射は1回5,000円程度から、外用薬は1本7,000円程度からが相場のようです。ただし、シミの大きさや深さによっても料金は変わりますし、トータルで治療を受ける回数によっても費用は変わります。